飲み会でするような話をしましょう

真面目に不真面目な話します

【グルメ④】横浜駅 らぁ麺 はやし田

GoToEat第2弾!

横浜駅から西口から徒歩10分くらいの鶴屋町にあるらぁ麺 はやし田さんでお昼をいただいてきました。

f:id:nomikai:20201114170019j:plain

 

メニュー

f:id:nomikai:20201114170028j:plain

注意書きも

f:id:nomikai:20201114165329j:plain

 

ラーメンもおいしそうでしたが、つけ麺大好き人間としてつけ麺がある以上つけ麺を選ばざるを得ない!

ということで特製つけ麺¥1050を注文しました。


そしてきたのがこちら!

f:id:nomikai:20201114165317j:plain

スープの器は冷めないための配慮か2重に。

最近魚介系のつけめんを食べる機会が多かったので醤油系は非常に新鮮でした。

また写真ではわかりにくいですが、スープの中にも鶏肉が入ってました!

そして麺の器には、味卵、鶏肉、豚肉、そして写真で見えている手前実はこれはながーいメンマ!

もう食欲をそそらない点を探すほうが難しい領域まで到達しております(笑)

味は・・・

 

説明不要と思いますが・・・

 

うまいです。うますぎる。

 

なんなら自分の好きなつけ麺ランキングで堂々1位にランクインといってもいいくらい絶品でした。

固めの麺、食感のいいメンマ、鶏肉と豚肉の味の多彩さ、味卵のやわらかさ、そしてスープのあっさりとした中にも確かにあるうまみ。

人に自信をもってお勧めできるおいしいラーメン屋さんを新たに見つけられて、GoToEatに感謝でした!

 

tabelog.com

【グルメ③】業務スーパーのおすすめお菓子たち

ファスティングを始めてから約5か月。

朝の空腹感も次第に薄れ、昼ご飯まで水とコーヒーだけでもつようになりました。

 

 

午後のお仕事ピークで脳が糖質を欲するため、それを補うべくお菓子にたどり着きました。

始めはおにぎりを一つ買って夕方ごろ食べていたのですが、毎日150円近く出費するのはなんだかもったいないなあと思い、お菓子に切り替えました。

 

さてお菓子ですが、みなさんはどんなお菓子が好きでしょうか?

私は普段ほとんどお菓子を食べていなかったので、お店で見繕ってコスパのよさげなものを大量購入することにしました。

 

そして見つけたのが業務スーパー

 

その名の通り業務用の食材を主に売っている店なのですが、一般利用も可能とのことで、ここでお菓子を仕入れてきました。

 

店内を見まわして見つけたのが以下。

値段と食べた感想を添えておきます。

※値段はうるおぼえです。ゴメンナサイ。。

 

●3種類のクッキーパック。¥250くらい。

f:id:nomikai:20201114162742j:plain

そもそもクッキーとはそういうものだろうが、口の水分が一気に持っていかれる。慣れればなんてことはないのだが、しっとり感はほぼ皆無。

味は普通においしい

 

ビスコ2種類パック。¥250くらい。

f:id:nomikai:20201114162756j:plain

満足感コスパ文句なし。

リピート必至。

 

不二家ホームパイ。¥250くらい。

f:id:nomikai:20201114162808j:plain

味はおいしいし満足感もある。

が、かむ音が結構うるさい

静かな職場ではあまりお勧めできません(笑)。

 

●ミニドーナッツ。¥78くらい。

f:id:nomikai:20201114162822j:plain

圧倒的コスパとボリューム

記事を書いている現在、すでに3袋消費済み。

ただしカロリーは高いため覚悟をもって食べるべし(笑)

 

●明治グミ。一袋¥80くらい。

f:id:nomikai:20201114162835j:plain

グミ自体はおなかにたまるものではないが、何度もかむので満足度は高い。

味も普通においしいので食べやすい。

 

いかがでしたでしょうか?

業務スーパーには安くていいものがけっこーあるのでお勧めです。

またこれからも引き続きいろんなお菓子を試していきます!

【ファッション②】秋物アウター選び

f:id:nomikai:20201119203227j:plain

※画像はイメージです。本題とは全く関係ありません。

 

ファッション考察、前の記事からの続編です。

今回は秋物アウターについて考えてみました!

 

四季の中で春と秋の服選びは難しいと思っています。

なぜなら季節の変わり目のため使う期間が短いからです。

 

ゆえに秋物は

①秋しか使わない

②冬にも流用できるもの

のどちらかを選択せざるを得ないと思っていますが、やはり期間の短さを考えると②を選んでしまいます。

 

さて今回のテーマ「秋物アウター」ですが冬に流用できるとは言ったものの、本格的に寒くなってくるとコートに頼ることになります。

そしてコートを着だすと、インナーとして厚手の服はゴワゴワするため、出番が少なくなります。

ゆえに秋物アウターの出番は秋から冬初めにかけてになるので、せいぜい2着もあれば十分という結論に。

 

色は汎用性の高さから黒とグレー、あるいはネイビーがよいかと。

形は

①見て「着たい」と思うもの

②試着して動きやすいもの

コスパがいいこと

(④ポケットが多いと便利)

インナーが黒白になりがちなので、色には気を付けますが、形は好みでもいいと思います。

 

ちなみに今は手持ちのパーカーでしのいでますが、いかんせんビジネスカジュアルにあわない・・・

結構街にはいらっしゃるんですけどね(笑)

 

アドバイスいただけるとうれしいです。。。。

【映画⑫】沈黙 -サイレンス-

f:id:nomikai:20201024175702j:plain

江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリゴアンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。

 

【ここからネタバレ注意!】

※今回は映画の性質上、宗教的な価値観に多少触れます。とらえ方や価値観の一貫性のなさについてはどうかご容赦ください。

 

遠藤周作の小説が原作とのことで、宗教的に大きなテーマがあるということは知ってる程度の前知識で観始めました。

隠れキリシタン」「五島列島」等はニュースや歴史で知ってはいましたが、その時代にキリシタンとして生き、宣教師として海外から来た人たちの思いや生活を全くと言っていいほど知らなかったため、この作品には非常に興味を持っていました。

最初に一言感想を申し上げるなら・・・・

 

一般的に言われる宗教とは、人を救いもするが、殺すこともある。

信仰をもち人に勧めるのはよいが、決して強要してはならない。

同時にすでに信仰のある人に、別の信仰を求めたり、はく奪することはあってはならない。

ゆえに宗教とは気高く誇り高い思考でありながら、別の人に伝えることは細心の注意を払う必要がある。

 

「一言って言ったのに、一言じゃねーじゃん!」

f:id:nomikai:20201024212953j:plain

 

すみません・・・・

ただそれくらいまとめるのが難しく、書いている今もまとまっていません。

なので感じたことをテーマ別につらつら書かせていただきます。

 

・時代背景

キリシタン弾圧が厳しくなってきた江戸時代、日本は鎖国していたころで、乱世がやっと平定し、同時に徳川の封建制度も完成に近くなっていたころでしょうか。

戦国時代乱れに乱れたのは、一言で言うと秩序がなく、よく言えば自由で、悪く言えば無法だったからと思われます。

そこで徳川が目指した平和とは絶対的な規律

徳川を頂点とし「上の言うことは絶対」となり、すべての人はだれかの命令によって動き、誰かの顔色をうかがって生きる。

ゆえに出てくる人たちは自分の立場を全力で全うするのみで、だからこそ対立しても簡単に妥協しないし、曲げるくらいなら命を差し出すこともいとわない。

 

・登場人物

ロドリゴ

この作品の主役。信仰心が強く、棄教したフェレイラを激しく糾弾します。しかし最後は自分のために死にゆく信徒を救うため自らも棄教しました。

最初彼の生き方は気高く、棄教させようとする奉行所の人間たちは悪人に見えましたが、信徒が拷問され死んでいく信徒を目の当たりにしながらも、考え方をかたくなに変えないロドリゴを見て、無宗教人間の私は宗教の危うさと恐怖みたいものを感じてしまいました。

「人の命を犠牲にしてまでも貫く信仰に価値はあるのか?」

などと考えてしまいましたが

「そんな安直な考え方自体が宗教を理解できていない証拠なんだよ!」

と誰かに怒られてしまいそうで、一筋縄ではいかないジレンマを感じました。

 

・キチジロー

家族を裏切り、仲間を裏切り、キリスト教も裏切る。ただそんな自分の弱さを認め、常に救いを求める彼の生きざまは、卑怯でみじめに思えるが、実に人間的で、こんな人ほどキリスト教の救いを求めるだろうとも思いました。

信仰は大事かもしれないが、でも生きることのほうが大事だよねって感じの彼のスタンス、裏切ってしまったことへの後悔と申し訳なさを常に背負って生きる彼もまた魅力的で自分がこの時代にいきていたらきっとこんなふうになったのかもしれないと思わせてくれる人でした。

 

井上筑後守

隠れキリシタンや宣教師を容赦なく弾圧し、処刑していく悪人・・・・と最初は思っていましたが、彼は彼なりの考えを持ち、平和な世の中を保つためには仕方のないこととして厳しく取り締まっていたのではないかと考えました。

平和な世の中で、キリスト教のような思想がどう影響を及ぼすかわからない。

信仰を身に着けた農民たちがどんな動きをするかわからないところから早めに目を摘むのがよしとして動いていたのではないかと。

「日本は沼だ。キリスト教という芽は日本では育たないのだ」

といった発言が、宗教自体を否定しているのではなく、国と時代に合わないからやめてほしいという切なる願いだったのかもしれません。

 

この映画を観るまで無宗教人間の自分は宗教についていいとこどりの観点でとらえてました。仏教だろうと、キリスト教だろうと「いい感じのかんがえだなー」「自分に合うなー」ってやつだけ信じて、それ以上深入りしない。(占いとかいいのだけ信じる感じです)

それは結局信念をもって信仰を持ち、そのためには命を犠牲にるることさえもいとわない思考を、恐ろしいと考えつつ、気高く美しいその様子に嫉妬しながらも、一定の距離を置くことしかできず、自分なりの考え方を自分自身で構築し、自分教を信仰している程度がちょうどいいからだったのかもしれません。

 

宗教・思想というと禁忌のようで触れずらいですが、時代が変わればそれが

酒だったり、ギャンブルだったり、友達だったり、家族になったりして、みなオリジナルの信仰や信念をもつことが宗教・思想というあたらしい観念としてとらえられていく。

自分の宗教・思想というものについて改めて深く考えさせてくれる作品でした。

【自転車⑨】岸根公園

【走行距離】13km

【走行時間】1.5H+徒歩0.5H

【走行場所】家→鴨池橋→おやつ屋さん「FUEL」→家

 

涼しくなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

前回のポタから天気の影響で約2週間ぶりのライドでした。

無理せずちょっとづつ距離を伸ばし今回は岸根公園まで走ってきました。

 

いつもの小机橋から。

3時くらいでしたがもううっすら暗くなってきています。

f:id:nomikai:20201031184347j:plain

f:id:nomikai:20201031184404j:plain

 

いつもなら新横浜に行くルートを右折。

小机のほうへ向かいます。

f:id:nomikai:20201031184420j:plain

 

サッカー場整備してました。

f:id:nomikai:20201031184433j:plain

 

岸根公園到着!

中央広場ではお兄さんがでっかいひもでシャボン玉を大量に作ってました!

美しい・・・

f:id:nomikai:20201031184454j:plain

 

入ったはいいが小腹がすいたので近くのお菓子屋さんへ。

のぼりの「白たい焼き」に惹かれて「FUEL」さんへ。

f:id:nomikai:20201031184511j:plain

 

白たい焼きイチゴあん¥151

f:id:nomikai:20201031184528j:plain

普通のたい焼きと食感が全く違う!

皮がお餅のようだ!

あんもほんのりいちご味で癒される・・・・

f:id:nomikai:20201031184543j:plain

 

岸根公園に戻り散策。

敷地が広くエリアが分かれているようです。

ここは大きな遊具がありました。

f:id:nomikai:20201031184557j:plain

目を右にやると坂。

f:id:nomikai:20201031184609j:plain

左側。

f:id:nomikai:20201031184630j:plain

 

少し歩いて大広場。

なんでもできそうな広場です。

周辺をランニングしてる人を多く見かけました。

f:id:nomikai:20201031184710j:plain

帰りは5時くらいでしたが結構暗くなっていました。

中央に昇ってきた赤い月が!

f:id:nomikai:20201031184726j:plain

ライトアップした日産スタジアムもきれい。

もっと暗くなるとさらにきれいなのですが、時間に比例して急激に寒くなる!

夜ライドではさらに着込む必要がありそうです。

f:id:nomikai:20201031184740j:plain

今までのライドは坂が多かったのですが、今度のルートは比較的平坦で走りやすかったです。

これからは交通量の少ない時間を選んだりして、快適なライドを追求していくつもりです!

 

【音楽紹介⑦】Sound Horizon

f:id:nomikai:20201024223356j:plain

進撃の巨人のOP「紅蓮の弓矢」で有名になったRevoさんを唯一のメンバーとする日本の音楽ユニット

発表する時期によってコンセプトやアーティストが大きく変わる、いつでも何度でも楽しめる素敵グループです。

 

今回は今でも通勤中に聞く神曲をいくつかご紹介します!

※音量注意

 

・侵略する者される者

2007年

曲名からもうやばいですよね。

曲聞くともっとやばいですよ(笑)

もう、一本の映画見せられてるような重厚なテーマと神音楽

www.youtube.com

 

・恋人を射ち堕とした日

2004年

初めて聞いたとき、まじで泣きました。

感情移入してしまうほど曲が始まった瞬間から終わるその時まで心をつかまれます。

www.youtube.com

 

・死せる英雄達の戦い

2009年

まじかっこいいです。

愛するものを守るために命を懸ける人たちの物語です。

www.youtube.com

【ファッション①】36歳男ファッションについて

f:id:nomikai:20201107231735p:plain

※画像は参考です。著者ではありません。

 

今回はファッションのお話をしたいと思います。

昔から服装に強い思い入れがあるかといえば全くそんなことはありませんでした。

かと言ってなんでもいいかというとそんなことはなく、一応それなりの選ぶ基準があったように思います。

 

20代のころは好きだった音楽の影響で、ヴィジュアル系の結構目立つ服装をしていました。

黒ベース柄物を合わせるスタイルが多く、髪も明るい色にしていることが多かったように思います。

 

そしてアラフォーになった今どうなっているかというと・・・・

 

意外と20代当時のイズムを引き継いでいるように思います。

とは言っても髪は黒いですし、柄付きの服もほとんど持っていません。

ただ、モノトーンベースに明るい差し色を入れたりするといった、色使いの面では昔の感覚が大いに影響しているものと思われます。

 

そもそも今回なんでこんな話をしているかというと、手持ちの服が古いものが非常に多いので、処分していったところどんどんなくなっていき、いざ買おうと思ったときどんなものをどんな基準で買えばよいのかをはっきりさせておきたかったからです。

 

記事が少し長くなってしまったので、具体的なアイテムやスタイルの考察については次回にさせていただきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!